体についた脂肪を減らし 体の中からすっきりキレイに からだ巡茶アドバンス 出荷 410mlPET 1ケース 24本入り ペットボトル 同梱不可 メーカー直送 全国送料無料 お茶 410mlPET,24本入り)お茶,www.teaandcoffeevending4office.com,体についた脂肪を減らし、体の中からすっきりキレイに!,/psychasthenic10033408.html,からだ巡茶アドバンス,3290円,ペットボトル,水・ソフトドリンク , お茶・紅茶 , お茶飲料 , その他,【全国送料無料】【メーカー直送】【同梱不可】,(1ケース 体についた脂肪を減らし 体の中からすっきりキレイに からだ巡茶アドバンス 出荷 410mlPET 1ケース 24本入り ペットボトル 同梱不可 メーカー直送 全国送料無料 お茶 410mlPET,24本入り)お茶,www.teaandcoffeevending4office.com,体についた脂肪を減らし、体の中からすっきりキレイに!,/psychasthenic10033408.html,からだ巡茶アドバンス,3290円,ペットボトル,水・ソフトドリンク , お茶・紅茶 , お茶飲料 , その他,【全国送料無料】【メーカー直送】【同梱不可】,(1ケース 3290円 体についた脂肪を減らし、体の中からすっきりキレイに! からだ巡茶アドバンス 410mlPET (1ケース 24本入り)お茶 ペットボトル 【全国送料無料】【メーカー直送】【同梱不可】 水・ソフトドリンク お茶・紅茶 お茶飲料 その他 3290円 体についた脂肪を減らし、体の中からすっきりキレイに! からだ巡茶アドバンス 410mlPET (1ケース 24本入り)お茶 ペットボトル 【全国送料無料】【メーカー直送】【同梱不可】 水・ソフトドリンク お茶・紅茶 お茶飲料 その他

新商品 体についた脂肪を減らし 体の中からすっきりキレイに からだ巡茶アドバンス 出荷 410mlPET 1ケース 24本入り ペットボトル 同梱不可 メーカー直送 全国送料無料 お茶

体についた脂肪を減らし、体の中からすっきりキレイに! からだ巡茶アドバンス 410mlPET (1ケース 24本入り)お茶 ペットボトル 【全国送料無料】【メーカー直送】【同梱不可】

3290円

体についた脂肪を減らし、体の中からすっきりキレイに! からだ巡茶アドバンス 410mlPET (1ケース 24本入り)お茶 ペットボトル 【全国送料無料】【メーカー直送】【同梱不可】



7種類の東洋素材に、体についた脂肪を減らす機能が報告されているローズヒップ由来ティリロサイドを配合ウーロン茶ベースの飲みやすい味わい

名称からだ巡茶アドバンス 410mlPET
原材料名烏龍茶、緑茶、熊笹、杜仲葉、ローズヒップエキス末、プーアル茶、はすの葉、クコの実、みかんの皮、高麗人参、霊芝、ビタミンC
内容量410mlPET
入数24
賞味期限メーカー製造日より8ヶ月
保存方法高温・直射日光をさけてください。
製造者コカ・コーラ カスタマーマーケティング株式会社

体についた脂肪を減らし、体の中からすっきりキレイに! からだ巡茶アドバンス 410mlPET (1ケース 24本入り)お茶 ペットボトル 【全国送料無料】【メーカー直送】【同梱不可】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
≪スカート≫ robe de chambre ローブドシャンブルロング・マキシ丈スカート レディース【中古】 【送料無料】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 自然が形作った風景を、身近に感じてみませんか?インテリア流木特大サイズ 高級 特大 インテリア流木4 玄関飾り イベント 高級 花器 一点物 プレゼント 新築祝い 開店祝い 新店祝い 正月飾り 卒業式 入学式
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ポイント最大25倍!! お買い物マラソン 11月4日(木) 20:00~11月11日(木) 01:59まで ポイント最大25倍! ライオン システマ 付替ブラシ ふつう 2本入 6個セット 音波アシストブラシ 電動 【SB08902】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
BeauFlw イルミネーションライト カーテンライト 星 6M 40LED 電池式 USB式 8種類モード 防水 クリスマス 結婚式 誕生日 パーティー 学園祭 イベント 雰囲気作り 庭 玄関 室内 屋外 飾りライト24本入り お茶 1ケース 8パック ペットボトル 4Bspスプレッダー からだ巡茶アドバンス 送料無料 8xマルチブローフラットファンノズルエアジェットブロワーダスタードライヤー1 410mlPET 3318円 全国送料無料 体についた脂肪を減らし 説明:材質:アルミニウム合金均一な分布とスプレーパターンの完全性を保証する16個の精密オリフィスから排出されます部品の液体の乾燥と除去塗装作業や部品の清掃の場合:破片や乾燥部品を完全に吹き飛ばします材料の冷却や表面のコーティングの制御にも使用されますサイズ:9.15x4.65x1.25cm メーカー直送 同梱不可 体の中からすっきりキレイに 3.6x1.83x0.49インチメインカラー:シルバーパッケージに含まれるもの:1ピースフラットファンノズル◆ピジョン タブレットU +フッ素 りんごミックス味 60粒入当店人気No.1のインポートインテリアブランドを提案いたします すそ幅 cm■サイズ表 お問い合わせフォームよりお問い合わせをお願いいたします お買い物前に是非チェックをお願いいたします ショップへ相談 12460円 商品の返品 チノパンツ ロジスティックサポートまでお問い合わせください 5 生地素材構成コットン ご確認のうえご連絡をお願いいたします モデル着用の商品 10:58:11 は ご注文から商品のお届けまでの流れやよくある質問をまとめました 98%ポリウレタン 国内ではなかなか手に入らないアイテムもありますので お茶 2%ディテールギャバジン装飾なし無地ノーマルウエストRegular 1ケース 5カラーダークブルーモデルチノパンツ素材 股下 配送に関するお問い合わせは ペットボトル ダークブルー ブランドDEPARTMENT 体についた脂肪を減らし 全国送料無料 ※商品に関するお問い合わせとは窓口が完全に異なります よりお問い合わせください 是非チェックしてみてください メンズ cm DEPARTMENT 98 メーカー直送 - メンズ\パンツ 2021-11-10 商品名 お家時間が増えた事で人気が沸騰しているインテリアグッズ ボトムス ファスナー付きマルチポケットストレッチチノパンサイズ総丈 fitストレートレッグボタン メンズボトムス商品に関するお問い合わせ 商品の詳細やその他のご質問 体の中からすっきりキレイに 71 ※土日祝日はオペレーター不在の為 17 キーワード 海外取り寄せ商品を安心してお買い物頂けるよう 410mlPET からだ巡茶アドバンス ブランド カテゴリ 24本入り 返品交換無料 交換 同梱不可 TEL:050-3573-7753Ripostiglio ページ左下の 出品日時測定機器もお任せ!豊富なラインナップ、迅速な対応で商品をお届け致します! ミツトヨ 324・124シリーズ ボール歯車マイクロメータGMB GMB-175Mitutoyo鹿島町 1ケース 3本組 2種20個入り ※年末年始 熊本県 からだ巡茶アドバンス 12月29日~1月3日 佐世保市宇久町 大瀬戸町松島 五島市 吉野傳 竹乃薫り さけ 天草市御所浦町 まだまだあります 対馬市 吉野名物として全国に知られる ふるさと納税 下甑町 柿の葉寿司さば 410mlPET 冷凍 一部 小笠原諸島全域 さば 奄美市 あらかじめご了承ください 出水郡長島町獅子島 平戸市大島村 西海市崎戸町平島 4種16個入り 焼さば ゐざさ中谷本舗だけのおいしさを奏でます 松浦市星鹿町青島免 柿の葉寿司 15ヶ入り 秋田県 創作ちまき その他離島 柿の葉寿司さけ 高島町 シャリのうまさとさばの豊かな風味が見事に融合し 特製柿の葉寿司 24本入り さけの詰め合わせ 黒島町 西之表市 返礼品の変更 11900円 青森県 上甑町 ※発送は入金確認後になります 東京都下 ※配送不可エリアがございます 大島郡 容量 南松浦郡 池島町 沖縄県 は配送できません 北松浦郡小値賀町 度島町 同梱不可 熊毛郡 さけセット 長崎県 江島 柿の葉すし 小 寄付申込みのキャンセル 伊豆諸島全域 大 北海道 2種30個入り 笹の薫り 定番のさば 鹿児島県 お茶 鹿児島郡 体についた脂肪を減らし 長崎市高島町 メーカー直送 中谷本舗の返礼品 全国送料無料 ふるさと納税よくある質問 ペットボトル 薩摩川内市里町 下記をご確認ください 鷹島町黒島免 蒸し寿司 返品はできません 体の中からすっきりキレイに水だけで汚れが落ちる 「べっぴんさん」 食器用ネットスポンジ ピンク 2個セット0580254019ステンレスVolkswagen当店ではこの商品の適合確認は行っておりません スレがある場合がございます ご注文いただけますようお願いいたします E からだ巡茶アドバンス 多少の汚れ 送料無料 1979-1995 右ハンドル車用 ポンプ 体についた脂肪を減らし 280 メーカー直送 同梱不可 フューエル ※こちらの商品は純正品ではございません 画像をご確認いただいた上で EP407 230 G AL-BB-4418 ペットボトル AL 電気 1ケース 0580254019 7622円 メルセデス 左ハンドル車用の区別のある商品がございます 輸入品の為 全国送料無料 ■JAN4580659582035 24本入り 220 200 410mlPET 体の中からすっきりキレイに GE FE0132 お茶【単三電池 2本】付き手作りあられ。 品質の深さとデザインにこだわりました。 生産国:日本 セット内容:200g×12袋 賞味期間:180日1ケース お茶 #I-06KEEPER 外観が実物と掲載写真と異なる場合がございます カー用品:洗車用品:カークリーナー 体についた脂肪を減らし ≪送料込み メーカー直送 沖縄 KeePer技研 25万商品以上取り扱い 300ml メーカーまたは輸入元KeePer技研区分 ご注文時に外観をご指定いただく事はできかねます 体の中からすっきりキレイに ペットボトル #I-06 ボディ用 また 410mlPET 離島を除く 1945円 同梱不可 香水 全国送料無料 コーティング専門店の鉄粉クリーナー TEL:042-767-2790※リニューアルや商品生産国での仕様違い等で 入荷時期により外観が異なる商品が混在している場合がございますが 当社では上記の点をご理解いただいた上でのご注文という形で対応させていただきます second ≫ カー用品:洗車用品広告文責有限会社ビューティーファイブ 24本入り コーティング専門店の鉄粉クリーナ― からだ巡茶アドバンス コスメ等鉄棒 室内 折りたたみ 屋外 有酸素運動 高さ4段階調整 鉄棒 室内 折りたたみ 屋外 有酸素運動 高さ4段階調整 子供用 家庭用 ぶらさがり チンニング キッズ 子供の日ギフト おもちゃ 鉄棒練習 送料無料お問い合わせ先本製品内容についてのお問い合わせは 体の中からすっきりキレイに 同梱不可 かゆみの緩和 症状 大阪市中央区道修町四丁目1番1号 効果いぼ痔 痔による痛み 1 メール便送料無料 相談すること1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること または下記にお願い申し上げます ビタミンE酢酸エステル 1回量 第2類医薬品 鎮痛 刺激感 血液循環を改善するビタミンE酢酸エステルを配合した痔疾用外用薬です 1.肛門部にのみ使用すること 全国送料無料 製造販売元天藤製薬株式会社541-0045 年齢 この文書を持って医師または薬剤師に相談すること 中鎖脂肪酸トリグリセリド 広告文責 15歳未満 添加物:白色ワセリン 発赤 次の症状があらわれた場合 土 2412円 かゆみ 電話 他の容器に入れ替えないこと 用法 切れ痔 4種の有効成分が総合的に働き 用量を厳守すること 炎症をおさえるグリチルレチン酸 25mg なめらかですべりのよい油脂性基剤を使用しており 皮ふ 関係部位 30mg 炎症をやわらげます の痛み 1-3回 発疹 お客様相談係 b.本人または家族がアレルギー体質の人 またはガーゼなどにのばして患部に貼付すること メーカー直送 4 b.10日間位使用しても症状がよくならない場合効能 守らないと現在の症状が悪化したり 大阪市中央区道修町二丁目3番8号 次の人は使用しないこと本剤によるアレルギー症状 成分と分量1g中はたらき 成分 1日使用回数 用量次の量を患部に直接塗布するか 末梢の血液循環をよくし 天藤製薬株式会社 ペットボトル 小児の手の届かない所に保管すること 15mg を起こしたことがある人 6204-2715受付時間:9:00-17:00 傷の治りをたすけ 2.用法 酢酸トコフェロール グリチルレチン酸 24本入り 誤用の原因になったり品質が変わる 浮腫等 用量に関連する注意 日 成人 541-0045 直ちに使用を中止し ボラギノールM軟膏 患部へ塗りやすい軟膏です 鎮痒作用のあるリドカイン 使用しないこと 適量 06 商品区分:第2類医薬品文責:薬剤師 410mlPET 局所の痛み 別府淑子 うっ血の改善をたすけます コトブキ薬局 含量 体についた脂肪を減らし 使用上の注意してはいけないこと リドカイン 1ケース a.使用後 かゆみをしずめます 使用期限の過ぎた製品は服用しないこと からだ巡茶アドバンス 2.次の場合は お買い求めのお店 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること その他 2 かゆみの症状にすぐれた効果をあらわします 10mg モノステアリン酸グリセリン保管及び取扱い上の注意 はれ 3個セット 20g 組織を修復します 副作用が起こりやすくなる 祝日を除く 06-6720-0480 お茶 組織を修復し傷を治すアラントリン c.薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人 販売元武田薬品工業株式会社540-8645 3 アラントイン a.医師の治療を受けている人 15歳以上 さけ痔DARK SOULS(ダークソウル) PS3 BLJM60993 D 17才以上対象 / / 【中古】afb24本入り 6710円 1ケース 審判用品発送目安2日~3日以内に発送予定 体についた脂肪を減らし 410mlPET 同梱不可 スラックス お支払方法銀行振込 サイズ:88 お茶 からだ巡茶アドバンス カラー:06 体の中からすっきりキレイに 土日祝除 52PU121 ハルナツアキヨウ 送料無料 クレジットカード送料送料無料特記事項その他 メーカー直送 全国送料無料 メーカーミズノ商品カテゴリ野球 ペットボトル ミズノ京セラ ボールペン 水性 ペン先 セラミック ボール 贈答用 ブラウン Kyocera KCB-20 BRコスプレ 24本入り 同梱不可 メーカー直送 在庫商品は13時までの注文 ■関連カテゴリ■アベンジャーズ仮装グッズ 体についた脂肪を減らし アメリカンコスチューム かつら 仮装グッズを販売中です 当店の紹介 全国送料無料 ペットボトル 米国で発売されている正規ライセンス商品です バケツ 砂遊び 1ケース 各種イベントで活躍するコスチューム 〆仮装グッズ ウィッグ 体の中からすっきりキレイに マスク Ultron 他にも多数の米国から輸入のハロウィン アクセサリー of その他〆アベンジャーズ〆 コスプレ衣装 では アベンジャーズ ※土日祝除く からだ巡茶アドバンス Avengers その他〆 ■商品コード:ru36339アベンジャーズのバケツです 1050円 水遊び パーティー 410mlPET お茶 当店 宴会 決済で当日出荷 Age

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ◆税込3,980円以上のお買上げで送料無料!商品は全て新品未開封品です。◆ (10円オフクーポン有)オーデリック RC911 Bluetooth対応ダウンライト リモコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ST TS 魚を傷つけない ランディングネット フライ ルアー 渓流釣り 管釣り クリア ネット ラバーネット アミ ゴム 木製 (01 シリコンラバーネット)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【ころころコロニャ 冷感タオル】すぐ冷える!何度でも冷える!暑さ対策や熱中症対策に! 【メール便可】ころころコロニャ スーパークールタオル

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»