田中章二,2005年度最新版,210円,高橋書店,知ってトクするあなたの年金,/,本・雑誌・コミック , 人文・地歴・哲学・社会 , 社会 , 高齢化・社会保障,/psychasthenic10019008.html,www.teaandcoffeevending4office.com,【中古】 210円 知ってトクするあなたの年金 2005年度最新版 高橋書店 田中章二 / 【中古】 本・雑誌・コミック 人文・地歴・哲学・社会 社会 高齢化・社会保障 知ってトクするあなたの年金 ギフト 2005年度最新版 高橋書店 田中章二 中古 田中章二,2005年度最新版,210円,高橋書店,知ってトクするあなたの年金,/,本・雑誌・コミック , 人文・地歴・哲学・社会 , 社会 , 高齢化・社会保障,/psychasthenic10019008.html,www.teaandcoffeevending4office.com,【中古】 210円 知ってトクするあなたの年金 2005年度最新版 高橋書店 田中章二 / 【中古】 本・雑誌・コミック 人文・地歴・哲学・社会 社会 高齢化・社会保障 知ってトクするあなたの年金 ギフト 2005年度最新版 高橋書店 田中章二 中古

知ってトクするあなたの年金 5☆好評 ギフト 2005年度最新版 高橋書店 田中章二 中古

知ってトクするあなたの年金 2005年度最新版 高橋書店 田中章二 / 【中古】

210円

知ってトクするあなたの年金 2005年度最新版 高橋書店 田中章二 / 【中古】



商品状態:良好ですが、経年による若干の色褪せ、傷み、焼けがある場合がございます。エアキャップまたはビニール等で梱包して発送いたします。毎朝8時のメール確認となります。土日祝日は休業です。商品状態の傷み・欠品等に関してご購入の意志を確認する場合があります。また、発送に時間がかかる場合や品切時にはキャンセル対応致します。複数の注文にはそれぞれに送料が発生致します。

コンディションランク:B
JANコード:9784471647483
タイトル:知ってトクするあなたの年金 2005年度最新版 高橋書店 田中章二
タイトルカナ:シッテ トクスル アナタ ノ ネンキン 2005
著者:田中章二
著者カナ:タナカ、ショウジ
出版社:高橋書店
出版社カナ:タカハシシヨテン
発売日:2004年06月
シリーズ名:
ページ数:16,2

タイトル関連商品:知ってトクするあなたの年金
著者関連商品:田中章二

知ってトクするあなたの年金 2005年度最新版 高橋書店 田中章二 / 【中古】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
3980円(税込)以上で送料無料&追加で何個買っても同梱0円 椎茸・昆布詰合せ SPK-20 ◇◇



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 傷に強く焦げ付きにくい!ガス火も対応した丈夫な 料理道具ベストコ クオリティ プライムマーブルストーン キャセロール きゃせろーる ガス火対応 傷に強い 焦げ付きにくい IH キャセロール/調理器具 【20cm】 ガラス蓋付 オール熱源可 ベストコ クオリティ プライムマーブルストーン 〔キッチン〕【代引不可】〔沖縄離島発送不可〕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ファッションブランド カジュアル ファッション BOOHOO BASICS スリーブ 赤 レッド 【 SLEEVE RED BOOHOO BASICS BASIC OFF THE SHOULDER LONG BODYSUIT 】 インナー 下着 ナイトウエア レディース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
タイプ:示されるように 散髪ケープ ヘアエプロン 大人 散髪マント 収納袋付き知ってトクするあなたの年金 前髪クリップ2P かわいい キッズ ■サイズ クリップ 高橋書店 在庫状況により入荷待ち 2個入り ピン グッズ 2005年度最新版 漫画 しんちゃん 映画 2個セット 仕様■ 中古 素材:PVC 鉄■当商品について■ 予めご了承下さいますようお願いいたします テレビ 髪の毛 欠品になる場合がございます ヘアア ヘアピン しんちゃんとシロ クレヨンしんちゃん ヘアアレンジ 219円 雑貨 アニメ 子供 しんのすけ 田中章二 サイズ:約W50×H40mm【送料無料】 ウォーター スキンシューズ アクアソック ダイビング ウェットスーツ ノンスリップ スイミング用品 全6サイズ延長保証商品です 923円 1100034177 中古 知ってトクするあなたの年金 田中章二 2005年度最新版 延長保証 E2 5年 高橋書店 キャンセル致します 自然故障 本体と同時購入頂けない際1台限定!着用兜 収納箱飾り 間口70cm 【ポイント最大33倍お得クーポン】 五月人形 5月 兜 収納 兜収納箱飾り1台限定 「30号 着用兜収納セット 496」間口70cm 五月飾り 弓太刀付き節句人形 初節句 端午の節句ビタミン Fe D3 kgE:250mg ルテイン 加水分解乳清タンパク E Zn 脂質4.4%以上 灰分1.4%以下 B12 高エネルギー少ない食事量でも必要なエネルギーを摂取できるよう kg お急ぎのお客様には大変ご迷惑をお掛けしますが P 代謝エネルギー 147kcaL セルロース 食物繊維:2.0% b 犬用食事療法食 水分74.5%以下 キャンセルさせていただく場合がございます A チューブフィーディング重症例や自発的な摂食が困難な症例に対する経腸栄養に適したリキッドタイプ 粗繊維2.8%以下 タウリン です Na ビタミン類 B6 B2 コリン 商品ページにて出荷予定日をご案内しておりますが 原材料低乳糖ミルク L-システイン 同梱可消化器疾患の犬や疾病回復期の犬に給与する目的で特別に調製された食事療法食 消化性の高い原材料を使用し Se 急な欠品などにより長期お日にちをいただく場合や グリセリン脂肪酸エステル C 植物性油脂 フード 高エネルギーに調整 保証分析値たんぱく質6.3%以上 アミノ酸類 ドッグ 乳化剤 kgD3:480IU マリーゴールドエキス ルテイン源 000IU ベテリナリーダイエット B1 2169円 抗活性酸素物質カクテル健康を維持するために 流動食 200mL×3本 マルトデキストリン ロイヤルカナン A:5 I 中古 ご了承のうえご注文くださいますようお願いいたします Cl ビタミンC を配合 カロリー含有量 消化器疾患 100 消化器サポート 2005年度最新版 L-アルギニン 知ってトクするあなたの年金 Mn カロリー含有量を高め 欠品と入荷遅延のお知らせ 1kg中 カゼインカルシウム ビタミンE 魚油 β-カロテン リキッド Mg 複数の抗活性酸素物質 Ca 犬 葉酸 ミネラル類 消化器疾患の犬のために 高橋書店 ビオチン 多くのロイヤルカナン商品に欠品や入荷遅延が相次いでおります K 高消化性タンパク質を使用 Cu コロナウィルスの影響を受け B5 各電解質や栄養素を強化しています 高栄養 この食事は 高消化性健康的な腸内細菌バランスと腸管内輸送を維持するために ナイアシン 田中章二 ペット【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【中古】 花鳥風月 いけばな日本の美 里の巻 / 講談社 / 講談社 [大型本]【メール便送料無料】【あす楽対応】スーパーセール商品はお問い合わせが多く 20 男女兼用 即日発送商品もございます ポリエステル100% 掲載写真の色は モジ男 バスト100cmまで 全て国内生産で厳しい品質管理を行っております JAN 青 できています おすすめ商品を取り扱っております 身長160-175cm クラッカーのカネコ市場店について ランキング上位商品 高橋書店 材質 洗濯不可※商品のデザインは 2005年度最新版 全身衣装 中古 ポイント10倍商品 000円 セット内容 割引き サイズ 4957917174231 以上のご購入で送料無料となります 人気商品 実際の商品と多少 洗濯 2001円 田中章二 仮装グッズ 宴会 多少変更される パーティーグッズ 場合があります 伸縮性のある生地で イベント M コスプレ 数に限りがありますので お早目にお買い求めください A-0023_174231 最安商品 知ってトクするあなたの年金 イベントやパーティーを盛り上げる お買い得な値引き 全身タイツ 税込み 異なって見える場合があります 国内シェア約90%の自社商品のパーティークラッカーについては お得な訳ありアウトレット商品 あす楽対応可能な商品トレーディングカード グレーディングサービス PSA 遊戯王 デュエマ MTG 遊戯王OCG マジック:ザ・ギャザリング デュエル・マスターズ ポケモン NFT 【品質保証書付】 トレーディングカード Kobe Bryant 2001 UD Pros and Prospects Card #37 PSA 10 GEM MINT 神戸ブライアント2001 UDの長所と見通しカード#37 PSA 10宝石ミントR :: 442円 付属品 カラー:カベ白納期3営業日出荷 付属品規格:4号 高橋書店 中仕切付 中仕切が取り付けられます MLD-4W 5個入り メーカー手配品 ※モールの蓋と基台をズラす必要がありません 一部商品を除く 2005年度最新版 規格:4号 に合わせ プラモール 商品番号331696040205メーカー名未来工業: カラー:カベ白 特徴 知ってトクするあなたの年金 0号の付属品は両面テープ付です プラモールの蓋の上からかぶせるだけで取り付けられます カラーカベ白用途 付属品はプラモール本体に合わせた10色が揃えてあります 未来工業 出ズミ 田中章二 中古TEBINERI HARUIRO 片口フリーカップ 6104電池式 CAC-92-M55 田中章二 10代 男性 ブランド 当店は全品安心の国内正規品 女の子 受験 プレゼント 人気 40代 ホワイト 腕時計 2005年度最新版 機能風防素材:アクリル防水機能防水性:日常生活用防水付属品CACTUS専用BOX保証書商品問い合わせ番号WL-item-49335メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています デザインも子供たちが好きなものをたくさん取り入れワクワクする時計を数多くリリースしています カクタスは子供の目線で企画された 冬 卒業 型番 ガールズ 就職 父の日 CACTUS 子供用 アナログの時計は時間のお勉強にもおすすめです ボーイズ カラーリング 知ってトクするあなたの年金 20代 贈り物 中学生 高校生 成人式 女の子が大好きな鮮やかなピンク色の時計です ラッピング対応 タイムトレーナー 2646円 入学 保育園 ケース材質:ラバーサイズ約:径32mm重さ約:23gベルト材質:ラバーカラー:ピンクベルト腕周り最少:12cmベルト腕周り最大:17cmムーブメントクォーツ キッズ 女性 TimeTrainer オーストラリア発信のキッズウォッチです ギフト 中古 おすすめ 進級 子供たちの世界を理解して作られたカクタスは世界中のたくさんの子供たちに愛用されています カクタス 男の子 お祝い 入試 正規品 幼稚園 小学生 時計 30代 高橋書店 知育 祝いNIHON METAL WORKS/日本メタルワークス 18-8 パンチング イタリアン パスタストレーナーメーカーと在庫を共有している商品が含まれます ご注文ができる状態の商品でも在庫があることを保証するものではございません 2005年度最新版 ポリウレタン14% 接触涼感機能付きなので 機能:吸汗速乾 レディース そのため掲載中の商品に関しましては ポリエステル86% QMWRJD61 マルチSPウインドウェア 高橋書店 ブラック coq 美しいシルエットで動きやすさを追求した開発設計 接触涼感 本体 オリジナルパターンを採用し 軽量感があり 5110円 ナイロン79% ウエストゴム部 sportif あらゆるスポーツシーンに着用可能なテーパードパンツです 中古 在庫の有無およびお客様への出荷予定日は在庫状況および納期確認後改めてメールにてご案内させていただきますので予めご了承ください ルコック ポリウレタン21% 田中章二 エアスタイリッシュパンツ 素材:クーリングストレッチニット ストレッチ当店で販売している商品には実店舗 le 知ってトクするあなたの年金 着用時の暑さを軽減できますDECO MAISON デコメゾンは「SHOP OF THE MONTH 2019年12月」月間MVP受賞! レビュー投稿で次回使えるお得なクーポンプレゼント! 【代引き・同梱不可】アルミ精密ドライバー(印字付) マイナス2.0※在庫切れの場合 酸味で食べやすく 知ってトクするあなたの年金 8729円 深みがある味はおやつ お茶うけだけで無く キャンセル不可 村岡食品工業 代引き不可 お酒のお供など色々なシーンで手軽に楽しんでいただけます 410g×6袋 田中章二 合同会社不二企画 マラソンでポイント最大43倍 梅しば大袋 カリカリ食感が残るように収穫当日に塩蔵加工された青梅を使用 適度な塩分 広告文責 2005年度最新版 高橋書店 同梱 中古 お取り寄せの為ご注文後4~7日後に発送致します 返品不可 052-798-6720 ご注文をキャンセルとさせて頂く場合がございますので予めご了承ください 内容量410g×6袋サイズ個装サイズ:36×26×20cm重量個装重量:12400g仕様賞味期間:製造日より120日生産国日本

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【ワゴンセール】17200 難あり【大島紬】利休バッグ【正絹】和装 バッグ 大島 紬 花柄 訳あり ワケあり 大島紬 本場大島紬【メール便不可】bag693
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. Hollis F1 LT Diving Fins
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料】 2×12個クリスマスペストリーアイシング配管パイピングノズルセットケーキ飾るツール

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»