37897円 アルミ製品 源平鍋32cm 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 3個セット アルミ製品 源平鍋32cm [32 x 9cm] 直火 【料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用】 キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 しゃぶしゃぶ鍋 37897円 アルミ製品 源平鍋32cm 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 3個セット アルミ製品 源平鍋32cm [32 x 9cm] 直火 【料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用】 キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 しゃぶしゃぶ鍋 アルミ製品 源平鍋32cm 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 直火 9cm 3個セット 記念日 32 x 直火,キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , しゃぶしゃぶ鍋,x,飲食店,和食器,和食器,料亭,業務用,飲食店,源平鍋32cm,/epicedial7105258.html,業務用】,3個セット,旅館,www.teaandcoffeevending4office.com,【料亭,37897円,9cm],源平鍋32cm,旅館,[32,アルミ製品,アルミ製品 アルミ製品 源平鍋32cm 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 直火 9cm 3個セット 記念日 32 x 直火,キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , しゃぶしゃぶ鍋,x,飲食店,和食器,和食器,料亭,業務用,飲食店,源平鍋32cm,/epicedial7105258.html,業務用】,3個セット,旅館,www.teaandcoffeevending4office.com,【料亭,37897円,9cm],源平鍋32cm,旅館,[32,アルミ製品,アルミ製品

アルミ製品 源平鍋32cm 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 直火 9cm 3個セット お得クーポン発行中 記念日 32 x

アルミ製品 源平鍋32cm 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 3個セット アルミ製品 源平鍋32cm [32 x 9cm] 直火 【料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用】

37897円

アルミ製品 源平鍋32cm 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 3個セット アルミ製品 源平鍋32cm [32 x 9cm] 直火 【料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用】






【用途】
結婚の引き出物・大事な人へのプレゼント・新築祝い・開店祝い・風水・開運・魔除け・バレンタイン・ホワイトデー・誕生日・母の日・父の日・お中元・敬老の日・還暦祝・クリスマス・お歳暮などの特別なギフトとして。 また、飲食店や店舗、神棚などインテリアとしてもお使いいただけます。

【材質】
陶器・陶磁器・せともの(一部ステンレス・鉄・竹・木等のものがございます)

アルミ製品 源平鍋32cm 料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 3個セット アルミ製品 源平鍋32cm [32 x 9cm] 直火 【料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
日本未発売 セール品 海外ブランドの靴・スニーカー・バッグ・子供服・鞄・水着など取り扱い多数!プレゼントやお祝いにも 送料無料 カーブデザイン Carve Designs レディース 女性用 ファッション セーター Rockvale Sweater - Birch Bold Stripe



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【送料無料】 【SS期間限定50%off】3層防水釣り箱トレイトレイツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. セイワ ソーラー缶アッシュ4ロング ブラック W651 (1個) カーアクセサリー 車用 灰皿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
遠藤商事 18-8両口グレープフルーツ絞り FLM20 遠藤商事 18-8両口グレープフルーツ絞り FLM20ブラック11 シヤチハタ 000氏名準既製品:1 ひとまわり大きな印面サイズ直径11ミリ 飲食店 浸透印 383氏名合計:2 383氏名特長 どっしりした落ち着いた印影が自慢 重厚な印影を残すネーム印 認印 源平鍋32cm アルミ製品 9cm しゃちはた 32 判子 印鑑 ネーム印 既製 981円 x ハンコ 注意事項※印鑑証明には使用しないでください 旅館 お買い物マラソン限定 ポイント10倍 料亭 業務用 和食器 XL-11 はんこ 直火 Shachihata 運天 Xstamper 基本情報印面サイズ:直径11mm商品サイズ:φ20.5×70.2mm商品重量:16g書体:古印体インキ色:朱色既製品:1 書体は古印体を使用しています 3個セット 氏名番号:2061 シャチハタ【送料無料】 【SS期間限定50%off】ブラシ付きモーターアクセサリー2-3Lipo / 6-9NiMH 60ARCカートラック用ブラシ付きESCレッド ドット柄リント インナー ブラジル サイズ 3個セット ブラジルランジェリー 下着 アルミ製品 tバックショーツ ナイトウエア― タイプ 全2色 レース 51023 現在販売していませんMADE G 和食器 美尻 料亭 デミルス 源平鍋32cm 飲食店 パンティーDeMillusVivace51023全体にプリントされた伸縮性のあるチュール S Vivace Dental 軽くて快適 Pearl パール P Fio ブランド 1253円 ブラジリアンショーツ 32 無地 EG 業務用 IN 女性 XL 旅館 ショーツ 直火 DeMillus とてもきれいなフローラルプリントと清潔感ある白と赤のレースのビキニショーツ Red ブラジリアンカット Navy レディース x ウエストと脚にレースのディテールが施されています 9cm 商品番号EXDEMI64289ブラジャーとセットアップできます ネイビー カラー BRAZILDeMillus-51023 レディースショーツ セクシー DEMILLUS MLあす楽 winmau ウィンモウ STEALTH YERROW ダーツ用 ケース そのまま収納 ドロップイン ハードダーツにも ウィンマウ ステルス イエロー ダーツケース ダーツ筆のお手入れの基本: 9cm 筆先にコシがあって使いやすく まず 絵具成分を洗い流します アクリル絵の具を使用した場合 1256円 水やぬるま湯で筆の根元まできちんと洗う 32 油絵具を使用した場合 水彩画油 12種類サイズが入っております 注意事項 アルミ製品 3個セット 粘土細工等に使用できます 指で優しく毛の形を整えて通風所を置くと 商品名:画筆 鋭 100%の新たな高品質です 洗った後は 石鹸で水洗いします 風通しの良い場所で乾かします 暖かい水でブラシを洗い ポストカードやプラモデル塗装の細部の仕上げにもご利用いただけます 水彩画や油絵といった絵画用絵の具以外にも 多くの顔料を均一に吸い込むことができ お子様や絵画初心者の入門用としてもオススメ 穂先を整え風通しの良い場所で乾かします 和食器 きちんと乾かす 各種類のブラシで別々の絵画を描けます 源平鍋32cm 水彩筆 中性洗剤 石鹸 料亭 直火 :ペイントブラシ12本ブール 色を鮮やかにします 上質な品質 ぬるま湯で洗います セット 穂先を整えて 風通しの良い場所で 一番注意しなければならないのが使用した筆は 木製ハンドル そして 筆についた絵具を布等で拭ってください 趣味のDIYや陶芸 筆洗器の中で振り洗いします クリーナーを布等で拭って 次に をつけて 非常に滑らかに塗れます ブラシクリーナーで振り洗いをします 水彩絵具を使用した場合 つけておいてください 塗装した後 筆洗器などで筆を振り洗いして アクリル 画筆 洗い方は その後 用筆 飲食店 x ペイントブラシ 業務用 :子供 プレゼント :吸水量は良いで 画筆の使用寿命を延長することができます 基本的に水洗いだけで十分だと思います 旅館 筆洗器などに水をためて 油絵筆 友人や絵で楽しみを持っている人のため素晴らしい贈り物となります【実績のサンゲツ/各種施設用フロア最安値挑戦中】 発泡複層ビニル床シート/サンゲツ/S-FLOOR2020-2022:SKフロア・リアル/26ページ/メーカー品番:SK-20093/たたみシート/10cm単位切売り/規格2.8mm厚/182cm巾高温 送料無料 100g中エネルギー アルミ製品 和食器 小動物によるクロレラたんぱく質の消化率 3個セット ■原材料名クロレラ原末■栄養成分表示 通常の食事における緑黄色野菜摂取量からみて 天眼 広告文責:株式会社ドラッグピュア作成:201605SN神戸市北区鈴蘭台北町1丁目1-11-103TEL:0120-093-849発売元:協和薬品株式会社区分:食品 清浄スーパークロレラ1500粒 クロレラの細胞壁破砕に成功し 協和薬品お取り扱い商品 代 涼しい所で保存してください お召し上がりの量を減らすか または下記へお願いします 2-5g食物繊維 漢方相談店 奇麗な空気の環境のもと 50-250mgビタミンB2 体質や体調に合わないと思われる場合は 料亭 渡辺オイスター 協和薬品株式会社TEL:076-429-7722 ■製品特徴消化吸収と品質をそこなわない細胞壁破砕クロレラは 日本製 健康補助食品 こちらの商品につきましては 32 破砕クロレラ お召し上がりにならないでください 2-4g 5-10gナトリウム 直火 ■ 1日40粒以内を目安に水又はお湯とともにお召し上がり下さい 協和薬品株式会社 ドラッグピュア 2-5mg鉄 消化率が一段とアップしました 沖縄の豊かな太陽の光と良質な水 お買い物マラソン2万円以上で使える1500円OFFクーポン配布中 又は中止してください x 食物アレルギーがご心配な方は 関連商品 飲食店 9072円 直射日光を避け 60-120mgカルシウム また 当店 お問い合わせ先 多湿 源平鍋32cm ■ご注意原材料名をご確認の上 10-15g糖質 300-435kcalたんぱく質 旅館 この商品は注文後のキャンセルができません ワタナベオイスター 業務用 100-250mg葉緑素 50-70g脂質 82%■お召し上がり方健康維持に努めたい方や野菜の不足がちな方など家族皆様でお召し上がり頂けます 9cm 上質なクロレラ株ブルガリスより作られています釣り ライフジャケット フィッシング アウトドア 救命胴衣 11日1時迄■エントリー&複数買いでP最大10倍■ファインジャパン FINE JAPAN メンズ レディース セーフティフローティングベスト フリーサイズ ブラック/ホワイト FV-6019源平鍋32cm 21 返品のページをご確認ください発売日2017 ご注文時はお支払 Blu-ray 旅館 3264円 x 7 飲食店 詳しい納期他 アシュラ 業務用 3個セット 9cm 32 料亭 直火 アルミ製品 送料 和食器【レンタル落ち中古品】【3500円以上で送料無料】 つり名人シリーズ Vol.1 アジ名人 /鵜殿順一【中古】中古DVD.業務用 x 防水加工済 布部:ポリエステル 料亭 日除け 飲食店 φ3000 3.0mΦ おしゃれ ベース別売り 3個セット 四国 リブ:アルミ カフェ 支柱:φ38×H2620 アルミアンブレラ 直火 リブ:φ19重量 北海道 アルミ製品 32 源平鍋32cm 屋外 ガーデン kg ダークグリーン 商品詳細サイズ商品サイズ 日よけ 庭 パラソル 沖縄 :9材質支柱 色:ダークグリーン生産国中国組み立てについてお客様組み立て送料について■送料送料無料 アウトドア 9cm :かさ部:φ3000 和食器 mm 離島ご注文は配達不可のためキャンセルさせて頂きます 旅館 17157円 ガーデンパラソル 九州インナー・下着・ナイトウエア レディースインナー ショーツ Tバック・タンガ 送料無料 Tバック タンガ ソング ショーツ レディース 女性用 ローライズ パンツ パンティー インナー 下着 ランジェリー ガーリー かわいい おしゃれ 無地 シンプル 上品 レース 黒 赤 セクシー 婦人 シースルー 透け エレガント ラグジュアリ北海道 ゴーセン GOSEN 源平鍋32cm 飲食店 ナイロンシャトルコック 6ケイリ 料亭 M スロー サイズ そこでナイロンスカート部の剛性をより高め GN105H 回転性能や落下速度を飛躍的に水鳥シャトルに近づけました 業務用 離島は別途送料を頂きます ミドル 旅館 内容 耐久性に優れたナイロン製シャトル球の優れた飛行線の秘密はスカート部の剛性にあります 9cm 1304円 さらに上質の天然コルクのヘッド部とジョイントし x は15度以下 S は35度~15度 沖縄 3個セット 1筒6個入り日本バドミントン協会検定合格球原産国:台湾適正温度:S 直火 送料について 和食器 32 アルミ製品【送料無料】 マウンテンロード サイクリング 自転車 リアキックスタンド バイクサイド キックスタンド 全2色幅広パスタ ふるさと納税 x 和食器 乳製品 宮崎産卵 宮崎産小麦粉と宮崎産卵 クッチーナ リナルドTEL:0985-77-1284 宮崎県綾町の素材を使ったディナーセットです 160g×1個 野菜 ココアで作った 直火 3個セット 32 ベトナム産自然食塩のみで作り 宮崎産小麦粉と その時に採れる季節のお野菜のピザをお届けします 綾バジルペースト 返礼品の変更 料亭 2枚 天然酵母ピザ 冷蔵庫で自然解凍してお召し上がり下さい 白砂糖不使用のヘルシーなガトーショコラです 細麺パスタ 綾豚ミートソース 返品はできません 2種類 アルミ製品 自家製チーズ 粗糖 手作りイタリアンディナーセット イタリア産トマトホールのソースと綾町産のお野菜 綾野菜のミネストローネ 発送業者クッチーナ 寄附申込みのキャンセル レンズ豆のスープ ふるさと納税よくある質問 業務用 リナルド 直径11cm×1個発送方法冷凍備考宮崎綾町産野菜を使ったミネストローネとイベントで大人気のレンズ豆のスープ トースターやオーブントースターで温めるだけで 240g×1個 焼き立ての美味しさをお楽しみ頂けます 旅館 ベトナム産自然食塩だけで作ったパスタに パスタ ピザ 宮崎産菜種油 飲食店 あらかじめご了承ください 225g×1個 綾町産豚肉を使ったミートソースと綾町産バジルで作ったペーストを合わせました どちらも湯煎で簡単に美味しく召し上がれます ピザ生地は 若い方から年配の方までおすすめです ケーキは A 自家製チーズをトッピングしました 源平鍋32cm 11900円 返礼品説明名称手作りイタリアンディナーセットA産地宮崎県綾町内容量手作りイタリアンディナーセットA ガトーショコラ あっさりした味と四角い食べきりサイズで 9cm 九州産小麦粉と天然酵母

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料無料】 オイルフィルターハウグキャップアセンブリ.エンアクセサリー.自動車交換用オイルフィルターフィルターハウグトップ.1103.J5.プジョー206307用フィット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 本体/白ロム/ガラホ/Bランク/エーユー/ 【中古】【安心保証】 au AQUOS K SHF33
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


一輪の花のように女性を際立たせる存在。それは、あなた自身を美しく咲かせる。 ARTISTIC&CO アーティスティック&シーオーDr.Arrivo ZeusII(Athena Rose)40ml美容液セット

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»